放射線治療 肌 スキンケア

放射線治療中でもできる、超敏感肌向けスキンケアとは?

放射線治療や抗がん剤での治療中は、肌の再生力が大きく落ちます。

 

その結果、皮膚と皮膚がこすれ合うだけで損傷を受ける「超敏感肌」になるんですね。

 

超敏感肌

 

国立がん研究センターによると、

 

第一段階:赤み、脱毛、皮膚乾燥
第二段階:ひどい赤み、はれ、痛み
第三段階ぶくれ、ただれ、出血しやすくなる

 

…と、放射線が強くなるにつれて、肌症状もひどくなってくるのだとか。

放射線治療中の肌ケア

国立がん研究センターより、放射線治療中のスキンケアについてまとめます。
参考)放射線治療で皮膚障害が起きた場合のスキンケア:[国立がん研究センター がん情報サービス]

 

スキンケア

 

皮膚のほてりや、かゆみ、ヒリヒリ感

氷のうや濡れタオルで冷やす。

 

トプシムスプレーを使うことがあるが、肌にしみたり、アルコールに過敏になっている場合は注意が必要。

 

軟膏によるケア

薬局で適当な軟膏を買って塗ってはいけません。

 

医師の診察、処方を受けてから使用しましょう。

 

軟膏を使用することで、肌の状態が悪化するケースもあります。

 

皮膚のはがれ、ただれ、潰瘍など

スキンケアというより、治療レベルです。

 

創傷被覆材(そうしょうひふくざい)を使うケースもあり。医師の指導のもとおこないます。

放射線治療中の肌トラブル用に開発された保湿クリーム

こすれあうだけでダメージを受けてしまう肌。

 

肌の再生力が低くなり、少しの刺激でさえも耐えられなくなるんですね。

 

保湿クリームでダメージ

 

肌の保湿をするにも、クリームを塗った刺激で肌がダメージを受けてしまうという悪循環。

 

市販の「低刺激クリーム」程度では、全然ダメなんです。

 

そんな中、抗がん治療や放射線治療による肌トラブル中にも使えるよう開発された保湿クリームがあります。

 

ロベクチン バリアリペア プレミアムクリーム


ロベクチン

  • 肌に刺激を与える成分ゼロの保湿クリーム
  • 世界中で、200万本以上売れている
  • 初回20%割引、返金保証&送料無料でお試しできる

 

ロベクチンは、肌に刺激を与える成分が全く入っていません。

 

発がん性物質、パラベン、石油系界面活性剤、人工香料、アルコール系溶媒、環境ホルモン、 コメドジェニック成分、石油ベース成分、着色料、ホルムアルデヒド系防腐剤など接触性皮膚炎を引き起こす可能性がある物質、アレルゲン、農薬成分を含んでいません。

 

普通の化粧品メーカーは、そこまでやりません。
値段がすごく高くなってしまうからです。

 

ロベクチンは、「超」がつくほどの敏感肌向けの保湿クリームです。

 

市販の保湿クリームは、どれを試しても全くダメだった!
というあなただけ、試してみて下さい。

 

>>>ロベクチン 公式サイトへ

page top