若く見えるメイク術

プロのメイク術で、老け顔解消

20代向けのメイクが似合わないワタクシ。

 

そこで、40代の女性が若く見えるメイクのテクニックを取り入れたい!と思ったのでした。(不本意ですけど)

若く見えるメイク術とは?

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

 

五明祐子(ごみょうゆうこ)さんが、ブログで紹介されていました。
参考)五明祐子オフィシャルブログ 『オキラクDays』

 

五明さんは、40代のかわいいモデルさん。それはもう、嫉妬してしまうほどかわいいんです。

 

その五明さんが、「私も長井(本の著者)メソッドで普段のメイクをしています」と言ってました。

 

当時、電車の中で広告を見て、気になっておりました。

 

具体的なメイク方法は?

載ってるメイク方法はひとつだけです。

 

人によっては、「この方法は合わない」ということもあります。

 

だけど、よくある雑誌特集みたいに「シチュエーション別」「顔のタイプ別」に分かれていないので、わかりやすいんです。

 

書いてあるまま、真似すればいいんですね。

 

一部のテクニックを紹介

完全ネタバレすると怒られそうなので、少しだけテクニックをご紹介。

 

下地はピンクと、シリコン系。

 

ファンデーションは頬だけに塗る。

 

安い化粧品でよいので、たくさん使う。

 

眉の高さを揃えるには、頭皮ケア。

 

などなど。

 

それぞれのテクニックには、「他人は頬のあたりを見て、肌が綺麗って思うんだよ。だから、その部分に力を入れましょう」など、根拠の解説がついています。

 

なるほど〜。

 

気になる点

すっごく失礼なんですが、著者の長井さんは、あまり文章を書くのがお上手じゃないのかも。

 

全体通して、わかりにくいんです。メイクの説明が文字だけというのも、マイナスポイント。

 

ですが…

 

巻末の袋とじで、全て解決。ビューラーのテクニックはスゴイです。

 

購入者のレビュー

 

アマゾンのレビューを見ると、

 

「ちょっと仕事してる女性には、あまあますぎる仕上がりかな…」
「シリコンって、石油系だからお肌に悪いんじゃないの?」
「ダブル洗顔推奨してるけど、なんか違うと思う…」

 

などのマイナス意見。

 

「化粧下地を使い分けることで、テカリがなくなるんですね!」
「記載通りに化粧水つけたら、2週間後に目の下のシワが本当に消えた。」
「鏡をちゃんと見てスキンケアしましょう、っていうのが響いた。」

 

などのプラス意見あり。

 

7割くらいの方が「すごく役立った。だけど、文章はわかりにくい」と感じているようです。

 

著者のブログ

最近は告知などがメインですが、2016年頃までさかのぼると美容テクニックに関する記事が読めます。

 

長井かおりオフィシャルブログ「おしゃべりメイクボックス」

page top